法人設立後すぐに税理士との契約は必要?

起業

株式会社や合同会社など法人設立する場合、最初からすぐに税理士と顧問契約しておくべきでしょうか?

実際、個人事業の場合は、経理業務や確定申告の手続きはそこまで難しくないので、税理士に頼る必要はありません。

しかし法人になると、会計や決算申告が難しくなるため、会社設立後すぐに税理士と顧問契約することを検討すべきです。

スポンサーリンク

税理士を無料で探す

税理士ドットコム
東証マザーズ上場の弁護士ドットコム株式会社が運営する税理士紹介サービスです。

税理士の得意分野、得意業種、年齢、経験・実績、所在地など、あなたの希望条件にあった税理士が見つかるまで、何度でも相談にのってもらえます。しかも費用は一切かからない「完全無料」サービスなので、気軽に相談してみてください。



法人設立後すぐに売上が見込めない場合は?

法人を設立しても、しばらく収益の見込みが無く、事業がどうなるか分からない場合はどうすれば良いでしょうか?

そのような時期であれば、税理士との契約は必ずしも必要とは言えません。

まずは費用をおさえるために、自社で会計対応しながら、売上や収益の見込みが立ってきた時点で、税理士と顧問契約を結ぶことも検討しましょう。

そのような内容でも気軽に、税理士ドットコムで相談してみてください。

法人設立後しばらく売上が見込めないが、今すぐに税理士と契約するべきですか?

この質問に対して、真摯に回答してくれる税理士であれば、おすすめです。

良い税理士であれば、きちんと「税理士との契約のメリットとデメリット」を説明してくれます。

税理士のアドバイスを聞きながら、自社の運営資金と税理士費用を考慮した上で判断しましょう。



簡単に安く法人設立する方法は?

マネーフォーワードクラウド会社設立がおすすめです。

会社設立に必要な書類を無料作成 マネーフォワード 会社設立



タイトルとURLをコピーしました